Some place,someday

自分が好きなCDレコードの感想文

V.A/The Worlds In Shreds Vol.5

f:id:znzn_wound:20191219175555j:plain

shredder7インチコンピの多分最終作。

一般的にKPF収録がセールスポイントなんだろうけど、今回はこれに収録されているDryrotというメロディックハードコアバンドについて。

リッチモンドの3ピースバンドで単独7インチが2枚くらいと何枚かのオムニバスに参加してるっぽい。

ここで彼らはPush And Pullという曲を提供しているが、これが素晴らしいショボさ。

やけにモタモタしたドラムと、サビでの頑張るコーラス、そして単音ギターソロ。

Bad Religionを極限までショボくしたようなメロディックハードコア。

自分はこのコンピで知ってからFarmhouseのコンピを入手して聴いたが同じバンドか?と思うほどにパッとせず初めは何かの間違いだと思っていた。

最近ヤフオクで念願のシングルを入手、もう楽しみで仕方なかったけど針を落としたら泣いた。前述のFarmhouseコンピと同じような、ただただパッとしないダメロコア

懲りずにもう一枚のシングルを探すつもり。

結論、Dryrotが気になる人はこちらのコンピを聴いてみようって感じです。