Some place,someday

自分が好きなCDレコードの感想文

The Shivering/Wires Of Storm And Song

f:id:znzn_wound:20190713222425j:plain

ノーザンカリフォルニアのエモ/ハードコアバンド2作目?のシングル。

1stがInsurgentやShotwell/MiamiのオリジナルをリリースしていたNo!からっていうのが関係するのかわからないけど、一筋縄ではいかない、捻くれた複雑な展開と、繊細で透明感のあるギターが印象的なバンド。

感覚的にはInsurgent同様、初期のHot Water MusicとFifteen〜Grimpleら辺のイーストベイラフパンクを足したような、激情分が高めのメロディックパンク。

ジャンルは違うけど、Bent Outta Shapeのボーカルに似たヘロヘロの高い声で吐き捨てる感じはとても良い。

ロディックパンク〜2000年前後のNO IDEA周辺のラフメロディックが好きな人なら絶対いけると思う。